検討中企業リスト
--

CMS構築会社一覧

【現在の検索条件】 下限無し - 上限無し/全国

検索条件を変更する

CMS構築会社を絞り込む
予算
-
地域
目的
こだわりたい条件
WordPress/Movable Type/XOOPSなど主要CMS実績多数!実力あるデザイナー・フォトグラファーによるコンテンツ制作などCMS構築だけではないトータルサポートサービス。御社のウェブ集客・ブランド構築で成果を出します。
清光堂工芸社
CMS構築だけでなく、デザイン制作や写真撮影、システム開発や経営支援のスペシャリストも揃う少数精鋭会社のヒューマンウェア。インバウンド効果を狙った3カ国語対応などでサイトからの集客力アップなど、本当に効果の出るCMSサイトの制作・運用ならぜひご相談ください。この南部鉄器、山形鋳物は秋葉原の有名店で爆買いされております。過去実績の中から、清光堂工芸社様を紹介します。
もっと見る
CMSを使いこなしていただけるよう運用サポートもていねいに行います。得意分野のUI/UXデザインを活かした企画設計でコンバージョンアップを図ります。金融機関・大手メーカー・国際NGOのウェブサイト制作・運用など実績多数。来年で20周年を迎える実績豊富な東京都渋谷区(代々木)のウェブ制作会社です。
WordPress、MovableTypeなどの主要CMSはもちろん、お客様のご要望に合わせて幅広く対応いたします。
CMSに慣れないお客様もご安心ください。使いこなしていただくための丁寧なサポートもいたします。
もっと見る
御社の社員さんが本当に使いやすいCMSを提供します!その秘訣は完全自社開発のオリジナルCMS。「すでに導入したCMSが使いにくい…」というご相談ならぜひ!CMSほかウェブシステム開発の高い技術力を持つ開発会社です。
お客様の使いやすさを徹底追求!その結果実現した当社オリジナル開発のCMSにご期待ください。既存CMSにはない抜群のユーザビリティ。
卓越したウェブ技術で、CMSから基幹システムまでの統合開発可能!ウェブシステム開発が得意な会社をお探しなら、当社をご指名ください。
CMS導入後もずっと安心!満足度の高いトータルサービスにご期待ください。導入から運用まで「一気通貫」。だからこそ「早い、安い、うまい」。
もっと見る
CMSのメリットを最大限に生かすコンテンツリッチなWebサイト企画・制作なら当社にぜひご相談ください!「Webサイト+Web動画コンテンツ」制作で実績15年。大手・上場企業や官公庁の事例多数!信頼してお任せください。
WordPress /MovableTypeカスタマイズをはじめ、発注者様のさまざまなご要望へ柔軟に応えてきた実績多数!実績15年、大手企業・官公庁のお客様多数!
強みは「CMSサイト+Web動画コンテンツ制作」!商品・サービス紹介/企業・店舗・学校紹介/リクルート用紹介などオールジャンルの動画・映像制作に対応!
まずはCMS構築からという発注者様もぜひご相談ください!Web動画コンテンツを強みにして、その他Webサイト運営に関するさまざまなご要望に対応。
もっと見る
ホームページのことは、もちろんすべてお任せください。Web・ITのことなら、何でもご相談ください。御社の売上アップ、事業発展を強力支援!御社のハイパー秘書になります。
工務店様WEBサイト構築
所沢、川越で工務店を行っています。地元に根付いており、S.T.Zという独自の工法を強味にしている会社様です。WEBの事全般が「よくわからない」問う事で、WEBデザインは勿論、定まっていなかったロゴのフォントや色の策定なども一緒に実施させて頂きました。
もっと見る
各種オープンソース(OSS)・Web技術を駆使したシステム開発力が強み。CMSの構築・運用もお任せください。代表・樋口自身もWebエンジニアとして20年超の経験を持つ少数精鋭の技術集団です。SoyCMSほか各種CMSプラットフォームに対応!大手企業Webサイトなど実績多数。職人技でお応えします!
SoyCMSをはじめ各種CMSプラットフォームに対応!設立以来オープンソース(OSS)・Web技術を強みとする当社にCMS構築も安心してお任せください。
初めてのお客様にも信頼していただける少数精鋭の開発体制。「開発予算を充分に割けない」「早期に開発を終了したい」なら、当社にぜひご相談ください。
当社独自のWebシステム開発フレームワーク(杉並WEBフレームワーク)も保有!高品質システムの低コスト・スピード開発に注力してきた会社です。
もっと見る
世界第2位のオープンソースCMS「Joomla!」を基盤としたWebサイト/業務システム構築ならぜひ当社をご指名ください!大手・上場企業ユーザー様向け実績も多数!「Joomla!」に関する国内トップレベルの開発ノウハウが強みです。
オープンソースCMSとして世界第2位のシェアを持つ「Joomla!」を開発基盤として採用!日本国内ではトップレベルの開発ノウハウと実績を有しています。
日本国内に先駆けて「Joomla!」によるWebシステム開発に取り組み始めた会社です!上場・大手企業様向け事例も多数!ぜひ信頼してお任せください。
社内ポータルシステムの自社製品「アルピニスト」も提供中!御社のご要望に合わせた機能のカスタマイズ開発や、サイトデザイン制作もご相談ください。
もっと見る
CMSを導入してウェブサイト運営を成功させるなら当社にお任せください。集客力/顧客満足度向上など御社の目的達成を支援できるコンサルティング力が強み。リスティング/SEO/風評被害対策などプロモーションサービスも展開。
御社のCMS活用を成功させるための総合支援にご期待ください!サイト制作からプロモーション、CMS運用改善まで必要なサービスを一括提供します。
プロモーションサービスも展開する制作会社。集客数・問合率・顧客満足度向上などウェブサイトの目的を本当に達成するならぜひ当社へご相談ください!
人材サービス事業でも培った経営コンサルティング力。ウェブサイトで御社の経営課題を解決します。人材・教育・小売・不動産・美容ほか実績業種多数!
もっと見る
代表は超ベテランエンジニア、社歴33年のシステム開発会社です。ホームページ運営に欠かせないCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)もお任せください。エンジニアが直接ご相談に対応、設計力を生かして御社に最適なCMSを実現します!
千葉県立現代産業科学館
運営しやすく効果も高いホームページにするためには、CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)導入がおすすめです。社歴33年で代表もベテランエンジニア、システム開発のプロが集まるコア・ロジックスにお任せください!御社のご要望に合わせて、CMSを活用した最適なウェブサイト制作を行います。 当社が手がけた様々なウェブサイトのなかから、ここでは千葉県立現代産業科学館を紹介します。
もっと見る
ウェブサイト運営にお困りの企業・店舗様はぜひご相談ください。簡単更新・編集でき運営しやすいホームページをCMSで実現!人気のWordPress活用実績は特に豊富!デザイナーが代表を務める「デザインに妥協しない」会社です。
RAKURU
開発費用を適正に抑えつつ、高機能なウェブサイトを実現するなら、人気のウェブシステム「ワードプレス」を活用するのがおすすめです。当社は「ワードプレス」を駆使したウェブサイト開発のスペシャリストです。ぜひ一度ご相談ください。ここでは多数の実績の中から、岐阜県の隠れ家エステサロンを運営するRAKURUさんのウェブサイトを紹介します。
もっと見る
CMS構築の概要と導入メリットについて
「ホームページの中でブログを書きたい」「商品画像を追加したい」などのご要望を解決するのがCMS(コンテンツマネジメントシステム)です。
一度制作したホームページを更新しない場合には必要無いシステムですが、更新頻度が高くなるほど、CMS導入のメリットも大きくなります。都度、「制作会社に更新の依頼をして、実際に作業完了まで数日かかる」というような手間と煩わしさが無くなります。
HTMLやCSSなどの専門的な知識も不要で、ブログやSNS投稿と同じような要領で更新可能なCMSも多数あり、CMS導入を検討する際には、複数のCMSを検討する必要があります。
CMS構築の発注ポイント、金額・費用・相場について
■CMSの選定(種類)
代表的なCMSの紹介
・Wordpress
オープンソース(無料配布)として提供されているCMS。
・Movable Type
シックス・アパート社が提供しているCMSで、中規模・大規模サイトに使用されているケースが多く、有償プラン(法人向け)と無償プラン(個人向け)があります。
・フルスクラッチ開発
既製品を使用せずにフルスクラッチ(ゼロからの開発)で独自CMSを開発することもあります。既製品を使用しないことで、自社の業務や作業のフローにマッチした自由度の高いシステムを導入することが可能となりますが、費用は既製品と比べ高額になることを念頭に置いて検討しましょう。
・その他
concrete/Drupal/Joomla!/XOOPS/Jimdo など

■カスタマイズ
CMSを導入すればホームページが完成するということではありません。世の中に公開されているホームページはCMSの導入と合わせてカスタマイズしていることが多く、CMSに無い機能(例えばメルマガ配信システムや決済機能など)の追加やテンプレート以外のデザイン性を持たせる場合には、別途費用が必要となります。

■有償と無償
CMSには有償と無償のものがあります。
無償のCMSは、当然価格面でのメリットはありますが、デメリットも存在します。
例えば、開発元などからのサポートがなく、アップデートやバグ対応などは自己責任となります。逆に有償のものはアップデート、バグ対応とあわせて、マニュアルやトレーニングが整備されていることが多いです。
CMS導入の際には、価格だけではなく運用フェーズでのトラブルも考慮し、検討しましょう。