検討中企業リスト
--

CMS構築会社一覧

【現在の検索条件】 下限無し - 上限無し/全国/SEO(検索エンジン)対策も行いたい

検索条件を変更する

CMS構築会社を絞り込む
予算
-
地域
目的
こだわりたい条件
  • Prev
  • 1
  • Next
WordPress/Movable Type/XOOPSなど主要CMS実績多数!実力あるデザイナー・フォトグラファーによるコンテンツ制作などCMS構築だけではないトータルサポートサービス。御社のウェブ集客・ブランド構築で成果を出します。
清光堂工芸社
CMS構築だけでなく、デザイン制作や写真撮影、システム開発や経営支援のスペシャリストも揃う少数精鋭会社のヒューマンウェア。インバウンド効果を狙った3カ国語対応などでサイトからの集客力アップなど、本当に効果の出るCMSサイトの制作・運用ならぜひご相談ください。この南部鉄器、山形鋳物は秋葉原の有名店で爆買いされております。過去実績の中から、清光堂工芸社様を紹介します。
もっと見る
CMSを導入してウェブサイト運営を成功させるなら当社にお任せください。集客力/顧客満足度向上など御社の目的達成を支援できるコンサルティング力が強み。リスティング/SEO/風評被害対策などプロモーションサービスも展開。
御社のCMS活用を成功させるための総合支援にご期待ください!サイト制作からプロモーション、CMS運用改善まで必要なサービスを一括提供します。
プロモーションサービスも展開する制作会社。集客数・問合率・顧客満足度向上などウェブサイトの目的を本当に達成するならぜひ当社へご相談ください!
人材サービス事業でも培った経営コンサルティング力。ウェブサイトで御社の経営課題を解決します。人材・教育・小売・不動産・美容ほか実績業種多数!
もっと見る
WordPressを活用したCMSサイト構築なら、ぜひ当社をご指名ください!代表・高田は実績豊富なWordPressのスペシャリスト。SEO・集客効果の高いCMSサイトをスピーディに実現し、保守・運用までトータルにサポートします。
代表・高田はWordPressのスペシャリスト!高機能のCMS構築にご期待ください。WordPressを知り尽くしているからこそ可能なきめ細かいサポート。
WordPressを活用したコンテンツマーケティングやSEOも得意テーマ!Web集客に力を入れている企業・団体様を、専門ノウハウでサポートします。
ネット黎明期からWeb制作に携わるベテランメンバーも在籍!WordPressはもちろん、Webサイト制作に関するその他のテーマにも幅広く対応できます。
もっと見る
  • Prev
  • 1
  • Next
CMS構築の概要と導入メリットについて
「ホームページの中でブログを書きたい」「商品画像を追加したい」などのご要望を解決するのがCMS(コンテンツマネジメントシステム)です。
一度制作したホームページを更新しない場合には必要無いシステムですが、更新頻度が高くなるほど、CMS導入のメリットも大きくなります。都度、「制作会社に更新の依頼をして、実際に作業完了まで数日かかる」というような手間と煩わしさが無くなります。
HTMLやCSSなどの専門的な知識も不要で、ブログやSNS投稿と同じような要領で更新可能なCMSも多数あり、CMS導入を検討する際には、複数のCMSを検討する必要があります。
CMS構築の発注ポイント、金額・費用・相場について
■CMSの選定(種類)
代表的なCMSの紹介
・Wordpress
オープンソース(無料配布)として提供されているCMS。
・Movable Type
シックス・アパート社が提供しているCMSで、中規模・大規模サイトに使用されているケースが多く、有償プラン(法人向け)と無償プラン(個人向け)があります。
・フルスクラッチ開発
既製品を使用せずにフルスクラッチ(ゼロからの開発)で独自CMSを開発することもあります。既製品を使用しないことで、自社の業務や作業のフローにマッチした自由度の高いシステムを導入することが可能となりますが、費用は既製品と比べ高額になることを念頭に置いて検討しましょう。
・その他
concrete/Drupal/Joomla!/XOOPS/Jimdo など

■カスタマイズ
CMSを導入すればホームページが完成するということではありません。世の中に公開されているホームページはCMSの導入と合わせてカスタマイズしていることが多く、CMSに無い機能(例えばメルマガ配信システムや決済機能など)の追加やテンプレート以外のデザイン性を持たせる場合には、別途費用が必要となります。

■有償と無償
CMSには有償と無償のものがあります。
無償のCMSは、当然価格面でのメリットはありますが、デメリットも存在します。
例えば、開発元などからのサポートがなく、アップデートやバグ対応などは自己責任となります。逆に有償のものはアップデート、バグ対応とあわせて、マニュアルやトレーニングが整備されていることが多いです。
CMS導入の際には、価格だけではなく運用フェーズでのトラブルも考慮し、検討しましょう。