検討中企業リスト
--

CMS構築会社一覧

【現在の検索条件】 下限無し - 上限無し/全国/動画・写真・音楽などをサイトにアップしたい

検索条件を変更する

CMS構築会社を絞り込む
予算
-
地域
目的
こだわりたい条件
  • Prev
  • 1
  • Next
WordPressほか各種CMS対応!CMS導入後の運用サポートも充実で安心!御社ウェブサイトのことなら全部任せていただいてOK。京阪神エリア中小企業の経営者様・担当者様はぜひ当社へご相談ください。ウェブプロデューサー経験、実績豊富な代表が運営する大阪市本社のホームページ制作会社です。
宝塚市エステサロン|ドクターリセラ取扱店サロンドボヌール
業種・規模を問わず様々な企業のホームページ改善で実績を残しているOKデザイン。リニューアルによってウェブ経由の集客力を飛躍的に高め、かつホームページ運営業務もきめ細かくサポートし感謝していただいている、そんな事例がたくさんあります。ここでは「宝塚市エステサロン|ドクターリセラ取扱店サロンドボヌール」を紹介します。
もっと見る
CMSを導入して管理・運営しやすく、集客力も高いウェブサイトを実現するならぜひご相談ください!歯科・美容・医療、士業、教育など様々な業種の実績多数。ウェブマーケティング経験豊富な代表・メンバーが運営する東京都新宿区本社の会社です。
Wordpress実績多数!ウェブ担当者がいない、サイトの運用になかなか時間と手間をかけられないという中小企業や店舗運営のお客様はぜひご相談ください。
CMSを導入した管理・運営しやすいウェブサイトの実現ならぜひお任せください。歯科・美容・医療系、士業系、教育系クライアントの制作事例多数あり!
スマホからの集客を重視するお客様もぜひご期待ください。ユーザー満足度と集客力の高いスマートフォン・タブレットサイトの制作実績も多数あります。
もっと見る
代表は超ベテランエンジニア、社歴33年のシステム開発会社です。ホームページ運営に欠かせないCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)もお任せください。エンジニアが直接ご相談に対応、設計力を生かして御社に最適なCMSを実現します!
千葉県立現代産業科学館
運営しやすく効果も高いホームページにするためには、CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)導入がおすすめです。社歴33年で代表もベテランエンジニア、システム開発のプロが集まるコア・ロジックスにお任せください!御社のご要望に合わせて、CMSを活用した最適なウェブサイト制作を行います。 当社が手がけた様々なウェブサイトのなかから、ここでは千葉県立現代産業科学館を紹介します。
もっと見る
  • Prev
  • 1
  • Next
CMS構築の概要と導入メリットについて
「ホームページの中でブログを書きたい」「商品画像を追加したい」などのご要望を解決するのがCMS(コンテンツマネジメントシステム)です。
一度制作したホームページを更新しない場合には必要無いシステムですが、更新頻度が高くなるほど、CMS導入のメリットも大きくなります。都度、「制作会社に更新の依頼をして、実際に作業完了まで数日かかる」というような手間と煩わしさが無くなります。
HTMLやCSSなどの専門的な知識も不要で、ブログやSNS投稿と同じような要領で更新可能なCMSも多数あり、CMS導入を検討する際には、複数のCMSを検討する必要があります。
CMS構築の発注ポイント、金額・費用・相場について
■CMSの選定(種類)
代表的なCMSの紹介
・Wordpress
オープンソース(無料配布)として提供されているCMS。
・Movable Type
シックス・アパート社が提供しているCMSで、中規模・大規模サイトに使用されているケースが多く、有償プラン(法人向け)と無償プラン(個人向け)があります。
・フルスクラッチ開発
既製品を使用せずにフルスクラッチ(ゼロからの開発)で独自CMSを開発することもあります。既製品を使用しないことで、自社の業務や作業のフローにマッチした自由度の高いシステムを導入することが可能となりますが、費用は既製品と比べ高額になることを念頭に置いて検討しましょう。
・その他
concrete/Drupal/Joomla!/XOOPS/Jimdo など

■カスタマイズ
CMSを導入すればホームページが完成するということではありません。世の中に公開されているホームページはCMSの導入と合わせてカスタマイズしていることが多く、CMSに無い機能(例えばメルマガ配信システムや決済機能など)の追加やテンプレート以外のデザイン性を持たせる場合には、別途費用が必要となります。

■有償と無償
CMSには有償と無償のものがあります。
無償のCMSは、当然価格面でのメリットはありますが、デメリットも存在します。
例えば、開発元などからのサポートがなく、アップデートやバグ対応などは自己責任となります。逆に有償のものはアップデート、バグ対応とあわせて、マニュアルやトレーニングが整備されていることが多いです。
CMS導入の際には、価格だけではなく運用フェーズでのトラブルも考慮し、検討しましょう。