会社の強み

お客様のコスト削減と業務効率化を実現するため、日本とインドの優秀なスタッフが連携。お客様のビジネスにジャストフィットするシステムを構築いたします。

VeBuIn(ヴィビュイン)株式会社は茨城県つくば市に本社を構えるシステム開発会社です。日本の他にインドに支社があり、日本とインドとの連携によるハイブリッドな開発環境で、お客様のビジネスに役立つシステムを開発しています。

 

VeBuInの特長は、システムの開発が非常に柔軟な環境で行えることにあります。従来型のシステム開発では、要件定義や仕様作成といったステップでシステムを開発していました。しかし、VeBuInでは、開発のスタート時に必ずしも要件定義などのステップを必要としません。

 

VeBuInでは、お客様にヒアリングを行い業務の問題や課題を見つけると、システムの作成を開始します。そして、細部の調整や機能の追加/削除などをお客様と相談しつつ、システム開発を平行して行います。これによって、無駄を排除しつつ、お役様の問題解決に役立つシステムを低コストでご提案可能です。

 

日本語ですべてのコミュニケーションが行えます。日本での豊富な開発実績があり、日本のビジネス習慣やビジネスマナーを変えることなくご相談いただけます。

VeBuInの社長であるシャーバビックは、2008年にインドのIT会社の社員として初来日しました。それ以降、多数の日本企業でシステムの開発を行っており、日本語に磨きを掛けてきました。現在では、ITやビジネスなどの専門分野だけではなく、日常会話でも、一般の日本人と変わらないレベルの日本語による会話ができるほどになっています。

 

つくば市のVeBuIn本社には6名のインド人スタッフが在籍しますが、彼らとのやり取りも日本語で問題ありません。特に、お客様との窓口となるプロダクトマネージャーは、シャーバビックと同等の日本語レベルを備えています。

 

VeBuInはインドの出身者が大半を占める会社ですが、日本の一般的なシステム開発会社とまったく同じ感覚でお付き合いいただけます。

 

流通、MD、BIなど、ビジネスの根幹分野で確かな実績。豊富な実績を持つ「開発コンシェルジュ」が、最適なソリューションの提供でお客様のビジネスをサポートします。

VeBuInは、お客様がそれぞれ多様な課題を持っていることを知っています。VeBuIn社のスタッフは、その課題や問題を最適なITソリューションのご提案で解決することが使命と考えています。

 

お客様は、課題や問題の存在は認識しつつも、具体的にどのようにすればそれがが解決しビジネスを加速できるのか、そのイメージをお持ちでないのが普通です。その問題や課題の解決に向けてサポートをするのがVeBuInです。

 

VeBuInでは、お客様の問題・課題を短期間で特定するため、ITシステムとビジネス双方の知識を持つスタッフが「開発コンシェルジュ」としてお客様の対応にあたります。可能であれば、週に2~3日をお客様の職場ですごすなどし、問題や課題の解決に最も効果的なシステムのポイントを見つけ出します。これにより、時間やコストの無駄を省き、最大の効果を生むシステムのご提供が可能になります。

 

もちろん、既に稼働を始めたシステムでも、保守やカスタマイズを通じて業務によりフィットするよう調整可能です。お客様にとって何が必要かを見極め、使えるまでしっかりサポートいたしますので安心してご相談ください。

 

【開発環境】

・Ruby on Rails

・PHP

・ASP.net

・amazon web services

・Google APIs、LINE APIs

・Postgre SQL

・AngularJS

ほか、様々な言語、環境に対応可能