システム開発用語集

CMS

CMSとはContents Management Systemの略。Webコンテンツを構成するテキストや画像、レイアウト情報やハイパーリンク設定などのデジタルコンテンツを統合して一元的・体系的に保存・管理し、サイト構築・編集・配信など必要な処理を行うシステムの総称。CMSを導入すると、HTMLやJavascript等、WEBサイト制作の専門知識がなくともWEBサイト更新が可能となり、且つ更新したデータも自動的に一元管理される。WEBサイト内のナビゲーション要素なども自動生成するため、ページが追加変更されるたびに発生していたような煩雑な手間がかかる作業からも解放される。

多くのCMSが何らかのパッケージをベースとして構築されることが多いが、ベースとなるパッケージのライセンス費やそこから連携するシステムの大小で構築費は大きく変わってくる。例えばWordpressやMovableTypeのようなブログシステムのようにライセンスが無料、あるいは非常に安価なものから、HeartCore(ハートコア)やNOREN(ノレン)のように数百万円級、さらにはINTER WOVEN(インターウォーブン)ともなれば千万円級、と言うように幅がある。

CMS構築を得意とするシステム開発会社はこちら

特典1
無料で開発会社の
紹介や相談ができます
特典2
新着企業の情報や
エンジニアの情報が
無料で届きます