システム開発用語集

XHTML

XHTML(eXtensible HyperText Markup Language)は、Webページの作成に広く使われているHTMLを、主にコンピュータ同士のデータ交換の標準として使われるXML(eXtensible Markup Language)の仕様に準拠するよう再定義したマークアップ言語の1つ。曖昧さのあったHTMLをXMLによって厳密に定義しなおすことで、他のXML文書を取り込むことが容易になっている。モバイルサイトを構築する場合、3G端末(第3世代携帯電話端末)以降を対象に考えて、「XHTML+CSS」でページ制作するのが主流になっている。
特典1
無料で開発会社の
紹介や相談ができます
特典2
新着企業の情報や
エンジニアの情報が
無料で届きます