システム開発用語集

アジャイル

迅速かつ適応的に無駄なくソフトウェア開発を行おうとする軽量な開発手法の総称。従来の、工程の後戻り不可能なウォータフォール型開発と対比して使われることがある。アジャイル(agile)は「俊敏な・機敏な」という意味。開発プロジェクトの期間を短期間(1~6週間)に区切って、この間に開発工程を一通り行って部分的に機能を完成させ、この「短期間で動くアプリケーションを開発」を繰り返しながら段階的にシステム全体を仕上げていく。開発期間の早い段階からユーザーが動くソフトウェアを目で見て確認できるメリットがある。
特典1
無料で開発会社の
紹介や相談ができます
特典2
新着企業の情報や
エンジニアの情報が
無料で届きます