システム開発用語集

オブジェクト指向

ソフトウェア設計開発において、操作や処理の手順よりも「処理対象」に重点を置く考え方。性質を現す属性データの集合と、データへのメッセージに対する反応を規定する手続き部分を、一まとまりの「オブジェクト」と呼ぶ単位部品として管理し、オブジェクトの組み合わせによってソフトウェア全体を構築、オブジェクト同士のメッセージ交換によってプログラム全体を機能させる。各部品の高い独立性(カプセル化)、階層化及び属性の継承、多相性といった特徴によって、既存部品の再利用による大規模開発の効率化、修正時の影響範囲の局所化による保守効率化等を実現。オブジェクトは分類され、クラスと呼ぶ上位概念に関連づけられる。
特典1
無料で開発会社の
紹介や相談ができます
特典2
新着企業の情報や
エンジニアの情報が
無料で届きます