システム開発用語集

METAタグ

METAタグとは、HTML文書の最初の先頭部分にある<head>~</head>の間にあり、“そのホームページ自体の説明”となる部分のこと。データの作成日時や作成者、データ形式、タイトル、注釈など、データについてのデータのことを「メタデータ」と呼ぶため、このような名称になっている。 METAタグに記述された内容は、ブラウザには表示はされないが、いくつかの検索エンジンでは、このMETAタグ内の記述を参照することから、SEO(検索エンジン最適化)対策として重要視されている。

特典1
無料で開発会社の
紹介や相談ができます
特典2
新着企業の情報や
エンジニアの情報が
無料で届きます