システム開発用語集

アーカイブ

アーカイブ(archive)は本来は古文書、公文書館の意。コンピューター用語としては、複数のファイルを一つのファイルにまとめることを指す。そのためのソフトウェアをアーカイバという。関連するファイルをひとまとめにすることで、ネットワークを通じた送受信の手間を軽減したり、ディスクの管理を容易にしたりできる。最近ではファイルをまとめる際に圧縮を施すのが一般的になりつつある。また、資料や情報をデジタル化して収集・保存・管理・公開する仕組みのことをデジタルアーカイブと呼ぶ。
特典1
無料で開発会社の
紹介や相談ができます
特典2
新着企業の情報や
エンジニアの情報が
無料で届きます