システム開発用語集

eSATA

eSATA (external Serial ATA)とは、パソコンに外付けハードディスクなどを接続するためのSerial ATA(SATA)インターフェースの一種。誤接続を防ぐため、内蔵機器向けの通常のSerial ATAとは端子の形状等が異なり、ケーブルなどは同じ物が使えない。電源を落とさずに機器の接続や切り離しができるホットプラグに対応し、ケーブルの最大長は2mまで。転送方式や転送速度などはSerial ATAに準拠し、最高で150MB/sの通信が可能となっている。
特典1
無料で開発会社の
紹介や相談ができます
特典2
新着企業の情報や
エンジニアの情報が
無料で届きます