システム開発用語集

HSDPA

HSDPA【High Speed Downlink Packet Access】とは、NTTドコモなどが採用している第3世代(3G)携帯電話方式「W-CDMA」のデータ通信を高速化した規格。3G方式の改良版であることから「3.5G」とも呼ばれ、従来の5倍以上の通信速度を実現する。日本では2006年の半ばに、NTTドコモが提供する「FOMA」の拡張版「FOMAハイスピード」で提供が開始されている。下り方向の高速化技術であるHSDPAに対して、上り方向(アップリンク)に関する高速化技術は「HSUPA」と呼ばれる。HSUPAは、FOMAハイスピードでは2009年に提供が開始される。なお、HSDPAとHSUPAは併せてHSPAと総称される。
特典1
無料で開発会社の
紹介や相談ができます
特典2
新着企業の情報や
エンジニアの情報が
無料で届きます