システム開発用語集

タッチパネル

タッチパネルとは指や専用のペンで画面に触れることで、コンピュータの操作を行う装置のこと。指が触れた位置を検知して画面上の位置を指定し、コンピュータに指示を与える。タッチパネルをスクリーンの上に取り付けたものは特に「タッチスクリーン」と呼ばれる。PDAや銀行のATM、駅の券売機などで利用されている。CRTディスプレイの下に配置して圧力の変化を検出するタイプと、専用の透明なスクリーンで画面を覆うタイプがある。画面への接触の感知には、感圧式と静電式の2通りがある。前者は圧力の変化を感知し、後者は静電気による電気信号を感知する。
特典1
無料で開発会社の
紹介や相談ができます
特典2
新着企業の情報や
エンジニアの情報が
無料で届きます