システム開発用語集

DLL

DLL(Dynamic Link Library)とは、Windowsにおいて、複数のアプリケーションソフトが共通して利用するような汎用性の高いプログラムを部品化してファイルとして保存しておき、必要に応じてメモリに呼び出して利用する手法のこと。DLLとして提供されている機能は開発せずにすむので、アプリケーションソフトの開発効率が高まる。また、同じプログラム部品を複数のアプリケーションソフトで共有するので、ディスクやメモリの容量を節約できる。WindowsはOSとしての機能の多くをDLLとして提供しており、基本的なアプリケーションソフトならば標準のDLLが持つ機能を呼び出すだけで構築できることも多い。
特典1
無料で開発会社の
紹介や相談ができます
特典2
新着企業の情報や
エンジニアの情報が
無料で届きます