システム開発用語集

ハッキング

ハッキングとは、コンピュータシステムや通信システムの動作を解析したりプログラムを改造・改良すること。転じて、他人のシステムを不正な手段で操作したり不正に機密情報を入手すること。ハッキングを行う者を「ハッカー」(hacker)という。もともと「高い技術力を駆使してシステムを操ること」という意味であり、特に悪い意味はなかったが、一般には専ら「不正アクセスを行うこと」という意味が定着してしまった。コンピュータに詳しい人たちは現在でも原義に沿った用法でこの言葉を使うことが多く、悪事を「クラック」(crack)あるいは「クラッキング」(cracking)と呼んで区別している。
特典1
無料で開発会社の
紹介や相談ができます
特典2
新着企業の情報や
エンジニアの情報が
無料で届きます