システム開発用語集

バックアップ

バックアップとは、データの写しを取って保存すること。コンピュータに保存されたデータやプログラムを、破損やコンピュータウイルス感染などの事態に備え、別の記憶媒体に保存すること。保存されたデータのことをバックアップと呼ぶ場合もある。企業では業務に必要なデータを定期的にバックアップすることがある。また、大掛かりなシステム変更の前にも、移行時のトラブルによるデータの消失などに備え、バックアップを行うのが適当とされる。最近のOSでは、システムの安定性保持のために、定期的に設定ファイルを自動的にバックアップし、復旧機能を提供しているものもある。
特典1
無料で開発会社の
紹介や相談ができます
特典2
新着企業の情報や
エンジニアの情報が
無料で届きます