システム開発用語集

エクスポート

エクスポートとは、他のアプリケーションソフトが解釈できる形式でファイルを保存する機能のこと。同じ分野の違う製品を使っている仲間にファイルを渡す必要がある場合などに用いる。ワープロソフトなどではこの機能が充実しており、最近のソフトは有名な競合製品のほとんどの形式に対応したエクスポート機能を備えていることが多い。これに対し、他のアプリケーションソフトの形式で作られたファイルを読み込んで自らが扱える形式に変換する機能は「インポート」という。
特典1
無料で開発会社の
紹介や相談ができます
特典2
新着企業の情報や
エンジニアの情報が
無料で届きます