システム開発用語集

RF

RF(Radio Frequency)とは、電磁波や電気信号のうち、無線通信に利用できる周波数のもの。概ね300Hzから3THzまでの範囲のものをこのように呼ぶ。周波数帯によって特性が異なり、それぞれ適した用途に用いられる。または、単に高い周波数の波。テレビ受像機やビデオデッキの「RF端子」のRFは、「テレビ放送の映像・音声信号で利用される周波数帯域」の意味である。かつて外部の機器からテレビ受像機に映像・音声を送る際に、テレビ放送の空きチャンネルに周波数を合わせて信号を送出していたためこのように呼ばれる。
特典1
無料で開発会社の
紹介や相談ができます
特典2
新着企業の情報や
エンジニアの情報が
無料で届きます