システム開発用語集

W-CDMA

W-CDMA とは、NTTドコモやEricsson社などが開発した第3世代携帯電話(3G)の通信方式。高速移動時144kbps、歩行時384kbps、静止時2Mbpsのデータ伝送能力があり、動画・音声によるリアルタイムの通信が可能。1つの周波数を複数の利用者で共有できるため、周波数効率がよい。W-CDMAは、ITU(国際電気通信連合)の第3世代携帯電話通信方式IMT-2000の標準規格の一つとして採用されており、規格上の名称は「IMT-DS」。IMT-2000では5つの規格が採用されており、その中で特に有力なのが日欧方式のW-CDMAと北米方式のCDMA2000である。
特典1
無料で開発会社の
紹介や相談ができます
特典2
新着企業の情報や
エンジニアの情報が
無料で届きます