システム開発用語集

赤外線ポート

赤外線ポート とは、ノートパソコンや携帯情報端末、デジタル機器などの本体外装に装備された、赤外線通信を行うための端子のこと。赤外線データ通信にはIrDAという標準規格があり、ほとんどの赤外線ポートはIrDA通信ポートだが、まれにメーカー固有の仕様に基づいた特殊なポートもある。ケーブルで直結して通信するのと同じようなもので、同時に3台以上が通信することはできない。また、無線と違って、ポート間を結ぶ直線上に障害物があると、赤外線が遮られて通信できないという制約がある。通信距離は規格や機器によって異なるが、概ね数十cm~1m程度の製品がほとんどである。
特典1
無料で開発会社の
紹介や相談ができます
特典2
新着企業の情報や
エンジニアの情報が
無料で届きます