システム開発用語集

絶対パス

絶対パスとは、ハードディスクなどでファイルやフォルダの所在を示す文字列(パス)の表記法の一つのこと。装置内の最上位階層から目的のファイルやフォルダまでのすべての道筋を記述する方式。具体的には、http://から始まるアドレス(URL)を使ってファイルの場所を指定すること。これに対し、起点となる現在位置から、目的のファイルやフォルダまでの道筋を記述する方式を「相対パス」という。
特典1
無料で開発会社の
紹介や相談ができます
特典2
新着企業の情報や
エンジニアの情報が
無料で届きます