システム開発用語集

メモリ

メモリとは、コンピュータにおいて、プログラムやデータを記憶する装置のことである。一般的にCPU(中央処理装置)が高速にアクセスできる半導体記憶装置を指すことが多い。中でも特に、CPUが直接読み書きできるRAMやDRAMなどの半導体記憶装置はメインメモリと呼ばれ、コンピュータの性能を大きく左右する重要な装置となっている。コンピュータには、メインメモリの難点を補うための記憶装置として、ハードディスクやフロッピーディスクなどの外部記憶装置(補助記憶装置)が装備されている。メインメモリと外部記憶装置を使い分け、保存を目的とする場合には外部記憶装置に収める仕組みがとられている。
特典1
無料で開発会社の
紹介や相談ができます
特典2
新着企業の情報や
エンジニアの情報が
無料で届きます