システム開発用語集

ルーラ

ルーラとは、ワープロソフトやDTPソフト、グラフィックソフトなどで、編集対象を表示する部分の外枠となる箇所に表示される、目盛りの入ったラインのことである。主に上側、あるいは左側に付く。ルーラは「定規」を意味し、文字や画像の位置を調節するために用いられる。ワープロソフトでインデントを調整するために用いられたり、DTPソフトやグラフィックソフトでは文書・画像の配置の調整などに用いられたりする。ワープロソフトでは設定された一行ごとの文字数が分かるように表示される場合が多い。
特典1
無料で開発会社の
紹介や相談ができます
特典2
新着企業の情報や
エンジニアの情報が
無料で届きます