システム開発用語集

IC

IC(集積回路)とは、回路素子をひとつのパッケージとしてまとめた回路のことである。ICは、半導体基板を土台として、ダイオードやトランジスタ、コンデンサ、抵抗などの回路素子を定着させ、それらを配線によって電気的につないでいる。今日では、コンピュータから家電製品、産業用機械、ICカードにいたるまで、あらゆる場面でICが応用されている。集積方法としては、当初はプリント基板に導線を差し込む挿入実装が行われていたが、最近では基板の表面に表面実装部品(SMD)と呼ばれる電子部品を接着する表面実装技術が普及している。
特典1
無料で開発会社の
紹介や相談ができます
特典2
新着企業の情報や
エンジニアの情報が
無料で届きます