システム開発用語集

KB

KB(キロバイト)とは、情報量を表す単位のうち、1024バイトのことである。ファイルのデータ量やCPUの記録容量を表すときなどに使われる。「キロ」という接頭辞は通常の単位では1000倍を意味するが、情報の世界では2の倍数の方が処理しやすいため、慣用的に1024倍(2の10乗)の意味で使われてきた。しかし、他の単位と同じように1000倍の意味で使われる場合もあり混乱が生じたため、IEC(国際電気標準会議)が1024倍を「キビバイト」(Kilobinary Byte:Kibi Byte)と呼んで区別するよう提案しているが、このような区別は一般には普及していない。
特典1
無料で開発会社の
紹介や相談ができます
特典2
新着企業の情報や
エンジニアの情報が
無料で届きます