システム開発用語集

KHTML

KHTMLとは、KDEプロジェクトが開発・公開しているWebページのレンダリングエンジンのこと。LGPLに基づいてオープンソースソフトウェアとして公開されており、誰でも無償で利用することができる。KHTMLは、同プロジェクトによるWebブラウザ「Konqueror」の中核コンポーネントとして開発されたもので、Apple社が自社のMac OS X向けに開発したWebブラウザ「Safari」のレンダリングエンジンとしても採用されている。しかしKHTML を搭載するブラウザはあまり知られておらず、多くのウェブサイトは KHTMLのサポートをしていない。
特典1
無料で開発会社の
紹介や相談ができます
特典2
新着企業の情報や
エンジニアの情報が
無料で届きます