システム開発用語集

KVS

KVSとは、データの保存・管理手法の一つで、任意の保存したいデータ(値:value)に対し、対応する一意の標識(key)を設定し、これらをペアで保存する方式のこと。また、そのような機能を提供するシステムやソフトウェアのこと。特に、複数のサーバや記憶装置などに分散してデータを保存できる機能を持ったものは「分散KVS」(distributed KVS)と呼ばれる。KVSは様々なプログラミング言語で連想配列、ハッシュ、辞書などと呼ばれるデータ型の仕組みをデータ管理システムに応用したもので、伝統的なリレーショナルデータベース(RDB)に代わるデータ管理システム(NoSQLと総称される)の一つとして注目されている。
特典1
無料で開発会社の
紹介や相談ができます
特典2
新着企業の情報や
エンジニアの情報が
無料で届きます