システム開発用語集

O2O

O2Oとは、主にEコマースの分野で用いられる用語で、オンラインとオフラインの購買活動が連携し合う、といった意味の用語である。O2Oという表記は、B2BやB2Cといった表記の流れを汲んでいるものとされる。「B2B」は「Business to Business」の略で、企業同士の商取引を意味し、「B2C」は「Business to Customer」の略で、企業と一般消費者との間の商取引を意味する。2010年頃から「O2O」という表現が用いられるようになり始めた。具体的な例としては、オンラインで価格を調べてから店舗で買うといった行動から、クーポン共同購入サービス(ソーシャルクーポン)などのような例が挙げられている。
特典1
無料で開発会社の
紹介や相談ができます
特典2
新着企業の情報や
エンジニアの情報が
無料で届きます