システム開発用語集

VGA

VGAとは、IBM社によって開発された、640×480ピクセルの解像度で画面表示を行うグラフィックスシステムの規格のことである。ここから派生して、ディスプレイの解像度のうち640×480ピクセルの規格がVGAと呼ばれる。IBMが提供していたVGAは、640×480の解像度で16色を表現するグラフィックス関連の制御装置だった。IBMのPS/2にVGAが初めて搭載され、グラフィックスシステム用の標準規格として広く普及した。その後、VGAは640×480の解像度の表示規格を指して用いられるようになった。
特典1
無料で開発会社の
紹介や相談ができます
特典2
新着企業の情報や
エンジニアの情報が
無料で届きます