システム開発用語集

RAM

RAMとは、半導体素子を利用した記憶装置のこと。コンピュータのメインメモリ(主記憶装置)に利用される。RAMはデータの読み書きを電気的に行うため、動作が高速で、CPU(中央処理装置)から直接アクセスできるが、単位容量あたりの価格が高いため大量には使用できない。また、電源を切ると内容が失われてしまうという欠点がある。このため、コンピュータにはRAMのほかに、ハードディスクやフロッピーディスクなどの外部記憶装置(補助記憶装置)が装備されており、利用者がプログラムを起動してデータの加工を行う際には必要なものだけRAMに呼び出して使い、長期的な保存には外部記憶装置が利用される。
特典1
無料で開発会社の
紹介や相談ができます
特典2
新着企業の情報や
エンジニアの情報が
無料で届きます