システム開発用語集

Heatmap

Heatmap(ヒートマップ)とは、Webページ上でユーザーの視線分布や、各所に配置されたバナー広告やボタンなどのクリック率を、Webページに重ね合わせる格好で頻度や程度を色分けして示した図のことである。ヒートマップ自体は一般用語であり、もともとは2次元平面で温度の高低を色の違いで表現した温度分布図を意味していた。ネットマーケティングではWebページのレイアウトデザインやユーザビリティの検証、広告の出稿位置の検討などに用いられる。サイト閲覧者の視線を追跡・解析するシステムとしては、トビ・テクノロジーの「Eye Tracker」なども有名。
特典1
無料で開発会社の
紹介や相談ができます
特典2
新着企業の情報や
エンジニアの情報が
無料で届きます