システム開発用語集

ワンタイムパスワード

ワンタイムパスワード(OTP)とは、認証のために1回しか使えない「使い捨てパスワード」のことである。遠隔地にある端末からネットワークを通じてサーバコンピュータにリモートアクセスする際に、アクセスしてくる人間が正規のユーザかどうかを検証する認証技術のひとつである。まず、サーバが端末にランダムな文字列(チャレンジ)を送信し、ユーザは秘密のパスワードを端末に入力する。チャレンジ文字列とユーザが入力したパスワードを一定の手順に従って演算し、生成された結果(レスポンス)をサーバに送信し、サーバでは受け取った文字列を検証し、正規のユーザかどうかを調べる。
特典1
無料で開発会社の
紹介や相談ができます
特典2
新着企業の情報や
エンジニアの情報が
無料で届きます