システム開発用語集

COSOモデル

COSOモデル(コソモデル)とは、内部統制の国際的なフレームワーク(枠組み)として認められている基準のことである。SOX法制定後の内部統制監査の原則的な基準として採用されている。COSOモデルは、経営者をはじめ企業関係者に向けて共通の定義を提供するために作成されたもので、米国の上場企業は、COSOモデルに準拠した財務報告にかかわる内部統制の構築と評価が求められている。内部統制のためのフレームワークはあまりにも有名で、COSOフレームワークと呼ばれている。
特典1
無料で開発会社の
紹介や相談ができます
特典2
新着企業の情報や
エンジニアの情報が
無料で届きます