システム開発用語集

ウォーターフォールモデル

ウォーターフォールモデルとは、ソフトウェア開発プロセスの1つで、最も基本的で一般的な開発モデルのことである。プロジェクト全体を「要求」「仕様」「分析」「設計」「プログラミング」「検査」「運用」といった形に分割した後、各工程での成果物(仕様書や設計書などのドキュメント)を明確に定義し、その成果物に基づいて後工程の作業を順次行っていく。 滝モデルあるいは落水モデルともいう。一方で、ウォーターフォール・モデルは逐次開発型であるため、フィードバックの部分が欠落しているとの批判もある。
特典1
無料で開発会社の
紹介や相談ができます
特典2
新着企業の情報や
エンジニアの情報が
無料で届きます