システム開発用語集

テスト駆動開発

テスト駆動開発 (test-driven development/TDD) とは、プログラム開発手法の一種であり、プログラム本体よりも先にテストケースを書くスタイルである。テストケースとは作ったメソッドがどのように使われて、どのような振る舞いが想定されるかが分かるような検証用のコードのことである。多くのアジャイルソフトウェア開発手法、例えばエクストリーム・プログラミングにおいて強く推奨されている。テスト駆動開発 (test-driven development/TDD)を導入することにより、品質の向上、生産性の向上が期待できる。
特典1
無料で開発会社の
紹介や相談ができます
特典2
新着企業の情報や
エンジニアの情報が
無料で届きます