システム開発用語集

OCR

OCRとは、光学式文字読取装置のことである。手書きや紙などに印刷された文字を、イメージスキャナなどで光学的に読み取り、デジタルのテキストデータへと変換する。1950年代にアメリカで開発された。現在ではハードウェア、ソフトウェアの高性能化により識字率(正しく文字を認識できる確率)が高まってきており、日常的に使われている活字であれば、ほぼ正確に読み取れる。携帯電話による名刺の読み取りや携帯端末への手書き入力など、モバイル分野でも活用されている。
特典1
無料で開発会社の
紹介や相談ができます
特典2
新着企業の情報や
エンジニアの情報が
無料で届きます