システム開発用語集

SCM

SCM(Supply Chain Management)とは、原材料の調達から製造、流通、販売までの一連の流れを管理して、サプライチェーン全体の動きを見ながら、経営判断の迅速化を図る意思決定支援システムのことである。企業や組織の壁を超え、ひとつのビジネス・プロセスとして経営資源や情報を共有し、全体の最適化を目指してプロセスの無駄を徹底的に削減することを目的とする。現在、製造業や流通業,小売業といった幅広い業種の企業がこぞってSCMに取り組んでおり、ERPやCRM、EDIの技術を駆使したパッケージ製品も数多く開発されている。

特典1
無料で開発会社の
紹介や相談ができます
特典2
新着企業の情報や
エンジニアの情報が
無料で届きます