システム開発用語集

ロゼッタネット

ロゼッタネットとは、電子部品の調達を円滑に行うため、企業間の電子商取引のインターフェースやデータの見直し、標準化などを行う民間団体のことである。1998年、パソコン業界や電子部品業界などが中心になり、米国で発足した。米国内の160以上の企業や団体が参加している。企業間電子商取引のシステムを構築する際には、ロゼッタネットが定めた規約である「ロゼッタネット標準」に基づいて構築することを推奨しており、これによって企業間電子商取引が効率化されるようになっている。日本でも2000年にロゼッタネットジャパンが設立されている。
特典1
無料で開発会社の
紹介や相談ができます
特典2
新着企業の情報や
エンジニアの情報が
無料で届きます