システム開発用語集

DCM

DCM(デマンドチェーンマネジメント)とは、小売店舗における単品管理と顧客購買に関する仮説・検証のサイクルにより、商品の品揃え・発注の最適化を図り、市場変化に対応した小売主導のトータル・バリューチェーンを実現する、流通業における新たな経営コンセプトのことである。メーカ主導のSCMは、供給側の合理性を中心に設計されており、天候や立地などさまざまな要素の影響を受ける店頭の売上に機敏に対応できない。DCMは小売店舗が商品の動きを詳細に管理する「単品管理システム」により、チェーン全体の在庫効率を上げるという視点から誕生した。
特典1
無料で開発会社の
紹介や相談ができます
特典2
新着企業の情報や
エンジニアの情報が
無料で届きます