システム開発用語集

クリックスルー

クリックスルーとは、インターネット広告の効果を計る指標の一つであり、広告がクリックされた回数を、広告が表示された回数で割ったものである。「クリックスルーレート」とも呼ばれる。この値が高いほどユーザは広告に反応しているわけで、「効率のいい」あるいは「効果の高い」広告であるといえる。インターネット広告では、クリックスルーごとに報酬が発生するものを「クリック保障型」、クリックしたユーザーが目的の行動(資料請求やショップでの商品の購入など)を起こした場合に報酬が発生するものを「成果報酬型」と呼ぶ。
特典1
無料で開発会社の
紹介や相談ができます
特典2
新着企業の情報や
エンジニアの情報が
無料で届きます