システム開発用語集

受け入れテスト

受け入れテストとは、納入されたシステムやソフトウェアの受け入れを判定するための公式テストのことである。システムやソフトウェアの機能・性能などが本来の目的や使用意図に合致しているのか、妥当性確認を行う。受け入れテストは、最終段階のテストであり、ユーザが業務などで実際に使用するデータや操作方法を使って行われる。一般的には受け入れテストにパスすれば納品・導入手続きに進むことになる。承認の主体と客体の違いなどによって、「ユーザー受け入れテスト」、「運用受け入れテスト」、「契約受け入れテスト」など、数種類に分類される。
特典1
無料で開発会社の
紹介や相談ができます
特典2
新着企業の情報や
エンジニアの情報が
無料で届きます