システム開発用語集

クラス図

クラス図とは、オブジェクト指向の分析・設計の際、対象領域やシステム内部の静的な構造とクラス間の関係を示す図のことである。オブジェクト指向のソフトウェア開発のプログラム設計図の統一記法であるUML(統一モデリング言語)のクラス図を指すことが多い。UMLクラス図は、開発工程に応じてクラスを段階的に成長させるような使い方ができるようになっているため、設計から仕様定義、詳細設計まで各段階で利用される。クラスの関係は、クラスを表す矩形と矩形の間に線を引いて表現し、線の横に関連名や役割名、多重度などを記し、その関係性を明確に表す。
特典1
無料で開発会社の
紹介や相談ができます
特典2
新着企業の情報や
エンジニアの情報が
無料で届きます