システム開発用語集

ER図

ER図とは、データの構造や関係を記述するための構造モデルであるE-Rモデルを記述するための表記方法のことである。具体的には、データを「実体」(entity)と「関連」(relationship)、「属性」(attribute)という3つの構成要素でモデル化する「ERモデル」を図で表す。別名「ERダイアグラム」。。データベースを設計する際などに広く用いられている。ER図は1970年代にピーター・チェン(Peter Chen)によって提唱されたが、表現手法にはいくつかの記法が提唱されており、その後形式が発展し、「IE表記法」や「IDEF1X」などの表記法が考案されている。
特典1
無料で開発会社の
紹介や相談ができます
特典2
新着企業の情報や
エンジニアの情報が
無料で届きます