システム開発用語集

CMM

CMM(capability maturity model)とは、企業や団体、プロジェクトチームなどの組織的能力を成熟度という概念で示し、その能力水準を判定したり、能力向上を図ったりするために作られた各種リファレンスモデルの総称である。また、基になったソフトウェア能力成熟度モデルであるSW-CMM(CMM for Software)のことを指す場合も多い。システムエンジニアリングに関する「SE-CMM」やソフトウェア調達の能力を測る「SA-CMM」、人材開発能力の成熟度モデル「P-CMM」など、特定分野別にさまざまな成熟度モデルが生まれた。これらを「CMMs」と総称する。
特典1
無料で開発会社の
紹介や相談ができます
特典2
新着企業の情報や
エンジニアの情報が
無料で届きます