システム開発用語集

フィットギャップ分析

ERPなどのパッケージソフトウェアを導入する際に、導入企業のビジネスプロセスやシステム化要求とパッケージソフトウェアが提供する機能性が、どれだけ適合(フィット)し、どれだけズレ(ギャップ)があるかを調査、分析、評価することである。またフィットギャップ分析は、パッケージソフトウェアを導入するかどうかの意思決定のために使われるほか、導入プロジェクトの中でパッケージの機能不適合・不足を事前に知ることで、回避策(ワークアラウンド)や、業務プロセスの変更、追加開発やカスタマイズなどの必要性を検討するためにも行われている。
特典1
無料で開発会社の
紹介や相談ができます
特典2
新着企業の情報や
エンジニアの情報が
無料で届きます