システム開発用語集

パーミッションマーケティング

パーミッション・マーケティングとは、顧客や消費者の許可を得て行うマーケティング活動のことである。マーケティング・メッセージが届けられることを了承、期待している顧客(見込み客)に対してアプローチするため、高いレスポンス率、良好な顧客関係、顧客満足が期待できる。「パーミッション・マーケティング」という言葉は、米国Yahoo!の副社長を務めていたセス・ゴーディン氏が提唱した概念で、個々の消費者や顧客の嗜好やニーズなどに合わせて一人一人個別に展開される「One to Oneマーケティング」をさらに進化させた形態ということができる。

特典1
無料で開発会社の
紹介や相談ができます
特典2
新着企業の情報や
エンジニアの情報が
無料で届きます