システム開発用語集

DSP

DSP(Demand-Side Platform)とは、ディスプレイ広告のアドテクノロジーのひとつであり、設定した配信ロジックに従って、最適なユーザーへ広告を配信する手法である。複数のメディアやアドネットワーク間を横断した広告枠取引であるアドエクスチェンジや、システムが1回の広告表示ごとにリアルタイムで入札をしながら配信するRTB(リアルタイムビッティング)など、米国から端を発したアドテクノロジーは急速に進化している。DSPはアドエクスチェンジやRTBなどの仕組みを操作する「広告配信の統合プラットフォーム」といえる。DSPを利用することで効率的にディスプレイ広告を運用できる。
特典1
無料で開発会社の
紹介や相談ができます
特典2
新着企業の情報や
エンジニアの情報が
無料で届きます