システム開発用語集

フリック入力

フリック入力(flick input)とは、主にスマートフォンのタッチスクリーンで採用されている日本語入力方式のことである。フリック入力は、テンキー風に配置された各行の「あ段」の周囲に、十字型や扇形に他の4段(い段、う段、え段、お段)が配置されており、あ段のキーを押しつつ目的の文字の方向に指をスライドさせる(弾く)ことで、文字を入力する方式である。2008年、iPhoneに採用されたことで、急速に広まった。従来の「あ段→い段→う段→え段→お段」とキーのプッシュを繰り返して入力する方式(トグル入力)に比べ、素早い入力が可能になり、また指への負担も少ないとされている。
特典1
無料で開発会社の
紹介や相談ができます
特典2
新着企業の情報や
エンジニアの情報が
無料で届きます