システム開発用語集

シーケンス図

シーケンス図とは、UMLで定義されている図のうちの1つで、システムの振る舞いを動的に表現するダイアグラムである。シーケンス図では、機能ごとに相互作用(Interaction)と呼ばれるフレーム内に処理内容を記述することになっている。図中には、イベントの発生順序やオブジェクトの生存時間(ライフライン)、メッセージ、イベントオカレンス、実行オカレンス、相互作用オカレンスといった様々な要素などが記述され、システムのある場面におけるオブジェクトの動きやメッセージパッシングを、時系列に沿って表現するのに用い、多様なシステム分析、設計を行うことができる。
特典1
無料で開発会社の
紹介や相談ができます
特典2
新着企業の情報や
エンジニアの情報が
無料で届きます