システム開発用語集

ウォークスル―

ウォークスル―とは、バーチャルリアリティにおける手法のひとつで、3次元グラフィックスで構成された仮想空間の中を実際に歩き進んでゆく人物の視点を表現すること。3次元グラフィックス(3DCG)やバーチャルリアリティ(VR)、ゲームなどの分野や、家や都市空間の設計サンプルについてプレゼンテーションを行う際に用いられる。3次元グラフィックスで描画された建造物や仮想空間を、実際にその中にいる人物の視点で自由に動きまわって眺めることができるアニメーション手法で、自由に移動しながら好きな場所を好きな角度から見ることができる。
特典1
無料で開発会社の
紹介や相談ができます
特典2
新着企業の情報や
エンジニアの情報が
無料で届きます